オーガニックコスメのパイオニア、ヴェレダ。スイスのブランドです。

その中でもアルニカオイルは、あるスポーツ選手が使っているということで以前話題になっていました。

そして昨年発表された、ヴェレダ・ジャパンが2019 年シーズンよりスーパーラグビー日本チーム「ヒト・コミュニケーションズ サンウルブズ」のオフィシャルサプライヤーに加わり、ボディケアオイル「アルニカ マッサージオイル」を提供するということ。選手の運動前後のコンディショニングサポートにアルニカオイルが使用されるんですね。

アルニカはキク科アルニカ属の多年草で、ヨーロッパの高山に生えています。乾かした花や根は民間薬として使われます。このアルニカの花の浸出油をアルニカオイルといい、ヨーロッパでは昔から打ち身やねんざによる炎症、腫れをケアするためにこのアルニカオイルが使用されてきました。

アルニカオイルには抗炎症作用、鎮痛作用などがあり、痛みや炎症を抑える働きがあります。筋肉痛や関節炎などを緩和させます。また、肩のコリや腰のつらい痛み、パンパンにむくんだ脚などのケアにも効果的と考えられています。

アルニカには毒性があると考えられている成分が含まれています。
そのため飲んだり食べたりすることは危険です。また創傷治癒の作用があるといわれていますが、傷口に直接オイルを塗るようなことも控えておくのが無難です。キク科のアレルギーがある方も注意が必要です。

実際私はかなり体を酷使したとき、疲労がかなり溜まっているときにはアルニカの力を借ります。お風呂上りにアルニカオイルでマッサージ(温まっているときは浸透が良いです)。入浴剤も同じヴェレダアルニカバスミルクにして、ゆっくり温まる。すると次の日は思った以上に体が回復していてビックリします。ハーブの香りが苦手な方もいらっしゃるかもしれませんが、私はホッとする香りでとてもリラックスできます。ハードなトレーニングをしたときも、3万歩くらいたくさん歩いたときも、登山をしたときも、アルニカオイルにお世話になっています。